メニュー

キャラクター紹介

ちゃりさんぽキャラクターについて

ちゃりさんぽでルートを案内してくれる3市のキャラクター達をご紹介。

まゆげった(結城市)

『まゆげった』の画像

「結城紬の原料である繭でできた体に結城紬を着て,特産品の桐下駄を履いている。名前の由来は,マユとゲタで「まゆげった」。長い眉毛が特徴的で,結城の頭文字であるYとも,下駄の鼻緒とも言われている。」

ちっくん(筑西市)

『ちっくん』の画像

『ちっくん』は、帽子で筑波山と河川に育まれた緑豊かな筑西市を表現し、この肥沃な大地で育った「梨」や「いちご」、そして、筑西市の花「コスモス」を配置しています。また、からだは、「梨」や「いちご」とともに筑西市の特産品であり、全国有数の生産量を誇る「こだますいか」、そして、百万本の八重ひまわりで彩られるひまわりフェスティバルのひまわりのポシェットを身に付け、キャラクター全体で筑西市をアピールしています。

いしおさん(桜川市)

『いしおさん』の画像

御影石の妖精『いしおさん』。
いしおさんは、茨城県の石匠の見世蔵組合と筑波大学との産学連携によって、2005年に誕生したゆるキャラです。
桜川市は国内有数の御影石の産地であるため、たくさんの人に石の魅力を伝える活動をしています。
ゆる~く愛らしい容姿でファンは急増し、2010年に行われたBIGLOBE主催ご当地ゆるキャラ日本一コンテストでは見事優勝することができました。

桜川市の公認キャラクターではないですが、市の行事にも積極的に参加していただき、お手伝いをしてもらっています。今回の「ちゃりさんぽ」では、桜川市内のおすすめルートや観光スポットを案内してくれます。

 

 

アンケート

ちゃりさんぽホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?